トップページ 概  要 溶接の手順 工法の抜粋 Q & A 酸化スケール 問い合わせ先 リ ン ク


1-1
[銅管 19.05以下]検体12.7
純銅色の部分が排気ガス(=中性炎)のエリアです。 スリットを中心に排気ガスを吹き込み、片側へ差しロウ(約1/3〜2/3周)できれば 吹き込み(=予熱)完了

1-2
細径は、排気ガスを吹き込みながら 12.07以下ではもう一方も差しロウ(約1/3〜2/3周)しておきます。

1-3
少し炎を遠ざけロウのなじみ具合と流れに注意しながら、スリットを塞ぎます。

1-4
続いて継手全周に差しロウしますが、9と12φ は温度の上げすぎ(スリット部のろうが流れる)に注意します。 最後に炎を遠ざけ、スリット部へフィレット形成し溶接完了です。


2-1
[銅管 22.22以上]検体25.4
スリットを中心に排気ガスを吹き込み、継手中央から10mm位離れた所でロウが溶け出せば 吹き込み(=予熱)完了


2-2
少し炎を遠ざけロウのなじみ具合と流れに注意しながら、スリットを塞ぎます。


2-3
継手両側 全周に差しロウします。キャップ効果で排気ガスは停滞しています、従来通りの作業をしてください。

25.4
2-4
最後に炎を遠ざけ、スリット部へフィレット形成し溶接完了です。連続作業であれば補修もできます。



次のページへ

© 2010 Takada Air-con Service All Right Reserved.